0

こだいらソーラーセミナー2022(終了しました)

こだいらソーラー連続セミナー

終了しました。
ご参加いただいた方、ありがとうございました。

ライブラリー
 資料
  第一弾 吉田明子氏 電力の需給ひっ迫
  第二弾 歌川学氏  小平市の脱炭素転換と地域発展


 ※後日、録画動画公開予定

第一弾
「電力が足りないって本当?省エネと再エネこそが解決策」
電力逼迫注意報が出るほどの一時的な電力不足は気候変動がその原因。回避のためには、省エネはもちろんのこと、電力を増やす取組は、原発再稼動でも、石炭火発延命でもなく、さらに再生可能エネルギーへのシフトを進めることです。
つくる市民電力と供給する小売会社と使う消費者が連携することによって、今こそ、再エネで暮らす未来をご一緒に。
お話: 吉田明子さん(FoE Japan、パワーシフトキャンペーン)
日時: 10月30日(日)14時~
参加費無料

第二弾
「ゼロカーボンシティ宣言」、実現に向けて市民会議
 地球の平均気温の上昇を1.5℃に抑えるため、2050年までにカーボンニュートラルの達成が必要です。これに地域から取り組もうという自治体の意思表示が、ゼロカーボンシティ宣言。小平市は2022年2月に宣言しています。
宣言にとどまらず実現をめざすため、市民と行政が連携して取り組むことが必要です。地域のエネルギー需給状況を点検し、再エネポテンシャルを踏まえた作戦をご一緒に考えましょう。
お話:歌川学さん(産業技術総合研究所)
日時: 12月4日(日)14時~
参加費無料

オンラインにて。
申込は2日前までに、
下記のメールアドレスまたはチラシのQRコードにて
kodaira.solar@gmail.com

チラシ

0

市民電力ゼミナール第6回のお知らせ

市民電力ゼミナール全6回(市民電力連絡会主催)
いよいよ、今月は最終回となります。
最終回は、市民発電所の先鞭をつけてきた足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長、当会副理事長でもある山﨑求博が、これからの市民発電所をどう増やしていくかについてお話します。
これは、今年の市民発電所設置動向調査のテーマでもありました。おりしも、調査の結果は市民発電所台帳2022にまとめられ、今月末発行の運びとなっています。調査結果も踏まえて、お話ししていただきます。

市民電力ゼミナール2022「再生可能エネルギー あなたの疑問に答えます」
第6回最終回(10月28日)19:00~21:00
市民発電所リスタート!~自家消費型で行こう!! 山﨑求博(市民電力連絡会副理事長)

●参加費:1000円(当会会員・障がい者)、1500円(一般)、25歳以下無料

申込は、下の申込フォームボタンをクリックしてください。
(グーグルフォームが開かない場合は、直接事務局あてに申込ください。)

申込後、以下の手順で、申込を受け付けます。4は1週間前、5は2日前を予定
1.申込(フォームに入力送付)
⇒2.受領自動応答メール
⇒3.参加資料代を当会口座に振込
⇒4.参加案内(リンク先送付予告)
⇒5.リンク先送付

申込の方には、近くなりましたらZOOMリンク先をお届けします。一括申込の方は、改めての申込は必要ありません。
欠席の方、申込時と異なるアドレスでご参加の場合は、事務局までお知らせください。

0

「発電量」ページ追加しました

発電実績をお知らせする「発電量」ページを作成しました。
各発電所毎に、過去の年間実績、昨年と今年の月間実績を表にしています。
メニュー:「市民発電所」「発電量」より御覧ください。
※また、先月、全発電所の概要を「市民発電所」に記載しました。

0

環境フェスティバルに出展します(終了しました)

9月10日(土曜) 午前10時から午後2時まで 
小平中央公園
雨天実施(荒天中止)

ソーラークッカーのデモンストレーションなど
こだいら環境フェスティバル2022

【ご報告】

9月10日(土)小平市環境フェスティバルが中央公園で開催され、小平ソーラーも出展しました。お天気にも恵まれ、リアル開催は3年ぶりということもあり、訪れる人も多く、にぎわいました。

こだいらソーラーのブースの前にも活動の説明に耳を傾けたり、相談をしてくださる方もいました。

廃食油の回収コーナーでは、開催されるのを待っていたのと持ち込んでくださる方もいました。また回収した油の行方やBDFって何?と問い合わせてくださる方もいて関心の高さ感じました。

かるぴか君の太陽光利用では今回はお湯を沸かし、ゆでたまごやスタッフのカップラーメンに利用しました。爽やかな風も心地よく、スタッフ一同初秋の屋外の活動を満喫しました。

ソーラークッカー