こだいらソーラーって?

こだいらソーラー設立のきかっけ  

小平市は、2009年にエネルギービジョンを策定し、自然エネルギーの推進、とりわけ太陽光発電日本一をめざすと掲げています。この策定に市民委員として加わったメンバーがその実現にむけても力を注ぎたいと感じていたところ、昨年、福島第一原子力発電所の事故が起こり、現在の一極集中的なエネルギーシステムの転換が必要であることを多くの市民が痛感することとなりました。エネルギーシフトの重要性にめざめた市民が集い、地域社会に根ざした再生可能エネルギーによる地域分散的なクリーンなエネルギーを推進し、地域のエネルギーの自給自足を少しでも実現していくことをめざそうと、この会を立ち上げたのです。できるだけ多くの市民の理解と賛同を得て、市内にできるだけ多くの太陽光発電所を設置していきたいと考えています。

設立趣意書

定款

こだいらそーらーマスコット

私達の目指すもの

福島原子力発電所の事故以降、特に自然エネルギーへの国民的な関心が高まり、市民の中で脱原発と再生可能エネルギーを求めるニーズが高まってきている中、市民参加型の再生可能エネルギーとして太陽光発電の普及はいままで以上に求められています。7月から始まった固定価格買い取り制度にあわせて、大資本によるメガソーラー発電が各所で始まりましたが、再生可能エネルギーのシェアを高めていくためには、草の根的な広がりも必要であると思います。市民がお金を出し合って地域の中で皆で太陽光発電所を作っていくことは、自分たちが使うエネルギーのことを考え、地域の中で自ら生み出していくことに意義があると思います。自前の身近な発電所を持つことは、市民がライフスタイルを見直すことであり、エネルギーの「自治」を目指すことにほかなりません。

また、太陽光発電に自立運転機能を付けることにより、災害時の電気の確保という副次的な効果も得られます。

小さなエリアで実践する私たちの活動が成功すれば、他地域でも同様の試みがされ、エネルギーシステムの変化へも影響を与えるものと期待しています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中