0

「災害と再エネ見学会 まちウォッチング」報告

「災害と再エネ見学会 まちウォッチング」、無事終了いたしました。
一日目は、雨の中。2日目は、打って変わって快晴!
ご参加いただいた方、ありがとうございました。

2日目の報告をさせていただきます。

津田公民館前で集合
20171125_100032.jpg

第一目的地、第二号機「やまびこ」に向かいます。
20171125_100426.jpg

介護施設「やまびこ」様の屋根の
第二号機「やまびこ」のパネル
20171125_100752.jpg

二つ目の目的地
小平市の緊急時用水源
20171125_102046_cr.jpg
災害時に、解放されるそうです。
津田保育園の目の前にあります。
※子供の送り迎えなどで何度も通ってた
のに、全く気付いていませんでした。

三つ目の目的地 小平第四小学校
20171125_103549.jpg
貯水槽とポンプ

20171125_104407.jpg
防災倉庫

20171125_104109_cr.jpg20171125_104102_cr
災害用トイレ

最期の目的地 1号機
20171125_105804.jpg
小川工営様の屋上に設置させていただいています。
こだいらソーラーの5つの共同発電所の中で、唯一ここだけが間近でパネルを見ることができます。

20171125_111336_cr.jpg
小川工営の小川社長様ご自宅の井戸
小屋根の下に井戸とポンプがあるそうです。
小川社長の子供の頃、井戸にぶら下げたスイカが美味しかったとの思いでをお話しいただきました。
他にも、いざという時のために、独自に防災用品の充実を進めておられています。

小川工営様の事務所をお借りして、
説明会
20171125_112702.jpg
沢山の質問もいただいて、
皆様の意識の高さを感じました。

小平市内の小中学校には、四小と同様な非常用の設備が備えられてるそうです。
小平市内の給水地は他に、上水南浄水所と小川浄水所があるそうです。
普段から、こういった施設を知っておくと、非常時に役に立ちそうですね。

自分で用意してる備品も、時折使っておくと、いざという時に
使い方がわからない、動かないということもなく、いいかもしれません。

自宅でキャンプをするような感じで楽しむみながら備えませんか?
(H.Y)

 

広告
0

セミナー「脱原発の明日をめざす」のお知らせ

直前も直前、明日のことですが、
お知らせいたします。
是非とも参加いただければ幸いです。

 

こだいらソーラーも賛同・参加しているパワーシフトキャンペーンの一環として、今年もセミナーを開催します。
ドイツ通でもある、日本再生可能エネルギー総合研究所の北村和也さんをお迎えしています。
ドイツに続き、日本でも始まった自治体新電力・シュタットヴェルケの動向なども踏まえ、日本の再エネ小売の拡大を展望したいと思います。
ぜひに、おいで下さい。
——————————————————-
◆連続講演 脱原発の明日をめざす Vol.2◆
ドイツから日本へ 地域主導のエネルギー革命がやってくる!
〜おうちのデンキもクルマも変わる〜
——————————————————
12月3日(日)13:30〜16:30
会場: 東京・国分寺労政会館(JR中央線国分寺駅下車5分)
講演: 北村和也さん(日本再生可能エネルギー総合研究所(JRRI)所長)
吉田明子さん(FoE Japan パワーシフトキャンペーン事務局)
パワーシフトな新電力数社による、スイッチング相談コーナーも解説します。

資料代:500円(予約不要、直接会場へおこしください)
主催: 電力改革プロジェクト
協力:こだいらソーラー、パワーシフトキャンペーン
連絡先 http://kokucheese.com/event/index/493186/
会場図
https://www.mapion.co.jp/m2/35.69866171,139.47816755,16/poi=21331313854

0

「災害と再エネ見学会 まちウォッチング」のお知らせ

終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽光発電は、災害時に通常の発電所からの電気が止まっても、
電気を供給することができます。

そんな、太陽光発電所や、水を供給できる場所、避難場所を
確認しておくことは、大切なことだと思います。

直前のお知らせですみませんが、
今週の11月23日(木・祝日)と11月25日(土)に
「災害と再エネ見学会 まちウォッチング」を開催いたします。
ぜひ、災害時に備えて、確認してみませんか?

両日ともに午前10時から12時の開催です。

①11月23日(木・祝日) 美園地域センターコース
見学場所:農家、避難所、市民発電所を回ります。
集合 美園地域センター 午前10時
②11月25日(土)津田公民館コース
見学場所:水源、避難所、市民発電所
集合:津田公民館 午前10時

問合せ、申込先は以下にお願いいたします。
NPO法人こだいらソーラー 西村
電話:090-4820-0756
メール:kodaira.soloar@gmail.com

0

太陽光ベランダ発電工作セミナー 終了

申し込み多数で、急遽午前の部を設定して、ダブルヘッダーの開催になり、
多数のご参加ありがとうございました。

馬場様をはじめ、PVネットの皆様も、柔軟な対応ありがとうございました。P8261388①.spjpg.jpg

部品
P8261460①.jpg

このように収めていきます。
P8261431.JPG

キットは益々進化して、電圧が表示されるようになりました。
P8261439①cr.jpg

外で発電テスト。トラブル発生! そのメータが0のまま、発電しない!?
P8261439①.jpg
すぐに原因は判明し、事なきを得ました。

体験された皆様、
何かお気づきのことや、トラブルなどございましたら、
kodaira.solar@gmail.com
までご連絡よろしくお願いいたします。

お疲れさまでした。

 

 

 

0

太陽光ベランダ発電工作セミナー

終了しました!

小平市いきいき協働事業
太陽光ベランダ発電工作セミナー
~パネル1枚で始める。災害時にも役立つ。ミニ太陽光発電~

災害等で停電になった時、小さな灯りやスマホ・携帯の充電ができるといざという時の備えになります。自宅で発電でき、非常時に役立つミニ太陽光発電キットを組み立てます。ベランダに置けるくらいの省スペースサイズ、作ったその日からおうちで使用できます。
昼間の太陽光の光を集めて電気をつくり使う喜び、楽しさを体験してみませんか。
①工作セミナー
②フォローアップ口座 使い方Q&A
費用:28,000円(材料費含)*見学:資料代 300円
定員:10名(事前申込制)*見学:10名
申込期間:8月5日~20日
問合せ:090-4820-0756(西村)

 

0

「災害と再エネ」講演会のお知らせ

終了しました!ありがとうございました。

講演会「災害と再エネ」のお知らせ

平成29年7月15日(土) 14:00~16:30
会場:小平市中央公民館ホール
講師:都筑建さん
太陽光発電所ネットワーク共同代表)
参加費:無料
定 員:100 名
申込み:当日会場へ(先着順)

首都圏でも、近い将来、大きな地震が起こりうることが警鐘されています。
災害でライフラインが途絶えたとき、太陽光発電などの自然エネルギーは活用できる
のでしょうか。近年の大震災では、どのように活用されたのでしょうか。もっと活用
できる方法があるのでしょうか。
東日本大震災や熊本地震にいち早く駆けつけ、太陽光発電の被災や活用状況の調査と
独立PV装置提供支援などを行ってこられた太陽光発電所ネットワークの都筑建さん
から、調査からわかったことの報告とともに問題提起をいただきます。
遠くの巨大な発電所に頼らない小規模分散型の自然エネルギーへのシフトは、大災害
への備えともなるはず。これからの災害の備えとして、私たちにできることはどのよ
うなことか、ご一緒に考えてみましょう。

チラシ

0

電力自由化パンフレットができました!

こだいらソーラーでは、昨年、電力自由化をテーマに、講演会、見学会、工作セミナー、展示イベントと、さまざまな活動をしました。
この集大成として、年度末に電力自由化のパンフレットができました。
電力自由化早わかりと銘打って、電力自由化とは? これをチャンスに、再エネで暮らす未来を拓こうと呼びかけて、
持続可能な社会をめざして電力会社を選ぶ方法について、Q&Aも交えて、わかりやすく解説しています。

電力自由化で、電気の種類や出自を選んで、電気を供給してくれる電力会社を選ぶことができるようになり、
こだいらソーラーは、パワーシフトキャンペーンに加わって、再エネを重視した小売り事業を志す新電力を応援してきました。
こだいらソーラーの電気も、そんな新電力に売電しています。

1号機⇒エネックス
2号機やまびこ・3号機未来・4号機めぐる⇒生活クラブエナジー
5号機むさし⇒みんな電力

こだいらソーラーが売電している電力会社だけでなく、現在20ほどの電力会社が、パワーシフトキャンペーンのウエブページに紹介されています。
ぜひ、電力会社のスイッチングをご検討ください。
http://power-shift.org/
http://power-shift.org/choice/

 

 

 

 

 

***電力自由化啓発・普及のため、活用していただける方にはお送りします。
   ご連絡ください。
メール:kodaira.solar@gmail.com